So-net無料ブログ作成

ホテル・イビス・バジェット@ブルージュ駅 [ホテル@ベルギー]

里帰り前半は毎年コルトレイクに宿泊するのですが、昨年はホテルが取れなかったので
やむなくブルージュに滞在。そのとき1週間泊まったイビス・バジェットを紹介します。


brugge.jpg

何年か前からリニューアルを続けているブルージュ駅。
ホテル・イビス・バジェットができたのもつい最近です。
電車の中からホテルの看板が見えるので夜10時に到着しても場所はすぐにわかりました。
ブルージュ駅のホームを出て、この出口から出て右手になります。

…が、ひとつ盲点がありました(^^;
なまじ位置がわかっていたので、出口を出てそのまま右折してホテルの入口を探しましたが、
行けども行けどもホテルの裏手を延々と歩くばかりで入口は見つからず。

さすがにヤバイなと引き返して、駅の構内で小さな看板を見つけ(その写真、撮り忘れたな)
ホテルの入口はブルージュ駅右手に隣接している建物の2階からアクセスしなければ
行けないことがわかりました。すぐ右折しないで、ちょっと歩いた先にある
階段かエスカレーターで2階に上がらなければならなかったわけで(^^;


brugge2.JPG

一旦ルートがわかると、駅からはとても簡単なアクセス。
これは2階から見た風景ですが、奥が駅のホーム、下は私が最初に歩いた道(笑)
メディアマルクトと言う電気屋さんの前を通り過ぎると、イビス専用のエレベーターがありました。


ibis10.JPG

これがなかなかSFちっくなエレベーター(^^;


ibis2.JPG

上から見たエレベーター。階段もあるけど、宿泊客は大抵大荷物だからエレベーターは必須。


ibis1.JPG

やっと到着した入口(^^; さまよったおかげで30分くらい無駄にしました。
やっぱり飛行機で日本から到着したばかりって、元気なつもりでも
寝不足だったり疲れていたりで頭が回らないから、こういうポカをやるんですよね(^^;
エレベーターも変わっていたけど、ホテルの入口も独特な雰囲気です。


ibis6.JPG

チェックインしてやっと部屋に入ったワタシは、この部屋を見て目がテンになりました。
想像と全く違っていたから。そう、自分ではイビスを予約したつもりだったから、
もうちょっとビジネスホテル的な部屋だと思っていたのが、ものすご〜く簡易ホテルだったから。
実はイビス・バジェットがそういうタイプのホテルだとは知らなかったんです(^^;

後日ホテルからアンケート依頼のメールが来て、イビス・バジェット=エタップ・ホテルだと知りました。
なるほど、それなら納得です。
そういう簡易ホテルに泊まったことがないわけではないし、もっと格下のフォルミュール1に
泊まったことだってあるので(トイレとシャワーが部屋の中にない)問題はなかったんですが、
いや、その瞬間はただびっくりしたワケです(^^; 最初からわかっていれば、覚悟してたんですが。


ibis8.JPG

気を取り直して、窓の方から見た室内の様子。本当に簡素な部屋で、クローゼットもナシ。
入口の左手の扉がトイレ、その横がシャワールームというかボックス。
部屋の中央に小さな洗面台が付いた柱があって、部屋を仕切っている感じですね。


ibis7.JPG

…ベッドスペースだけみると本当に簡素。壁紙の草がもう笑うしか(センスがねえ)
窓も小さいから、昼間は暗そうですね。(日中の写真、撮ってないし…笑)


ibis14.JPG

かなり狭いトイレスペース。大柄なヨーロピアンは難儀するんじゃないかな?(^^;


ibis13.JPG

クローゼットの代わりに小さなハンガー台が取り付けられてました。
その下には安っぽい(笑)プラスティックの椅子が2つ。
よくホテルの部屋にある、スーツケースを乗せておく台(畳んであるやつ)もないので、
この椅子を荷物置場にするしかありません。


ibis15.JPG

2人用の部屋なのにハンガーの数も少ないです。長期滞在向きの部屋ではないんですよね。


ibis12.JPG

ベッドの電気。ここにスペースが一切ないのも不便。目覚ましとか置けないし。


ibis17.JPG

TV付いていたけど、西フランダースのローカル放送が入らなかったのでNG(個人的にはソコが重要)


ibis19.JPG

唯一気に入ったのはこの洗面台スペース。小さくて使い勝手はイマイチだけど、
いちいちバスルームに行かなくても水が使えるのは便利でした。


ibis18.JPG

洗面台に電気をつけたところ。


ibis16.JPG

洗面台の裏側に付いていたこの台が唯一のテーブル。
そう、部屋にはテーブル的なものもなかったんです。
まあね〜、文机とか、クローゼットって意外と場所取るから、
寝るだけの部屋だと考えると、不要なんでしょうね。
いろいろなことを考えると、バックパッカー的な旅行者が一晩だけ泊まるための
宿泊施設、という感じでした。…そこに1週間はね、結構キツかったっすよ(^^;


ibis20.JPG

シャワーボックス内のシャワーは一見普通ですが…


ibis11.JPG

お湯を出すと無駄にSFでした(^^; そーゆーの、要らないだろって。


ibis3.JPG

入口の上にエアコンが付いていたのですが、室内にあったコントローラーでは動かせず、
始終付いていて悩ましかった…エアコン嫌いだし、何より音が気になって寝られない。
よほどフロント行って切ってもらおうかと思いましたが、面倒なのでやめました。
…そう言えば、この部屋は電話もなかったんだなあ。


ibis21.JPG

唯一評価できたのは、無駄にコンセントが多かったこと!(笑)
充電するモノが多いワタシには、ホテルの部屋を評価する上で重要なポイントです。
普通こういう安っぽい部屋ってコンセントが1つあれば恩の字なんですけど。


ibis22.JPG

TVの下にも1つありました。普通はTVに使用されているもんなんですけど、
これはフリー。いやあ、3つもあるなんて大助かり\(^o^)/
ベッドの近くにあるのも評価できます。机ないから仕事はベッドに座って
やんなくちゃならなかったんで、PC用の電源が必要だったのです。

でも、フリーWiFiは微妙。専用ページからログインするタイプなんですが、
つなぎっぱなしを防止するために、電源がオフになると繋ぎ直さなければならず、
ノートパソコンはいいんですけど、iPhoneは面倒でした(^^;


ibis4.JPG

もう一つ、個人的にうれしかったのはお足元灯的な電気が壁に入っていたコト。


ibis5.JPG

部屋の電気を消しても、足元の方がほのかに明るいです。
とある理由から、ワタシはホテルに泊まるときは絶対真っ暗にはせず、
どこかの電気を付けて寝るので、これは助かりました。


ibis9.JPG

朝、部屋の窓から外を撮影。両側も客室棟だと思うので、かなり大きなホテルです。
間に見えるのが、無駄にSFなエレベーターです。

宿泊費は1泊あたり約65ユーロ。安くもなく、高くもなくだったから騙されたワケですね。
よく考えれば、ブルージュは観光地なのでホテルも基本高いから、
これは普通のホテルにしては安すぎでした。B&Bですら、1泊90ユーロ取られますから(^^;

いやあ、この時は本当に勉強になりました。昨年は出発前にいろいろあって、
なかなか旅程が立てられず、宿泊の手配が遅くなってしまったから、
とりあえず予約できてホットして、どんな部屋かも確認してなかったのが敗因。
(普通のイビスだと思っていたし)やっぱり何事も事前の確認は大事ですね(^^;

こんなホテル、何回にもわけて紹介するほどのものではないので、一度で終わらせてしまいました。
滞在中毎日外出していたせいもありますが、初日に撮影した後はまったく部屋の中で写真を撮ってなくて。
自分はよほどこの部屋が気に入ってなかったんだなあ…というのがわかりました(^^;

ちなみにバジェットという単語は、予算とか運営費という意味だとばかり思ってましたが、
「格安」って意味もあるのだそうです。アハハ、なるほどですね(笑)



[ホテル・イビス・バジェット@ブルージュ駅]


 
nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 5

ちょろっとぶぅ

今は、ベルギーじゃないよね(””?
ちょっと、きになったぁ~
by ちょろっとぶぅ (2015-11-22 07:27) 

あおたけ

こじんまりとしているけれど、
使いやすそうなホテルですね~。
妙にSFチックなところ、カコいい!(゚∀゚)

ブリュッセルの厳戒態勢・・・気掛かりですね。。。
by あおたけ (2015-11-22 16:09) 

gon

ちょろっとぶぅさま

ご心配いただいてありがとうございます。
次の里帰りは来春です。それまでに落ち着いていてほしいものです…
by gon (2015-11-23 02:52) 

gon

あおたけさま

おっあおたけさまは気に入ったようですね(^^)
駅前ホテルだから、窓から電車が見えたら文句なしなんですけど。
反対側の部屋なら見えるのかも?(^^)
by gon (2015-11-23 02:54) 

gon

tochiさま、eva-chinさま、濱の寅次郎さま、ネオ・アッキーさま
ご訪問&niceをありがとうございました☆

by gon (2015-11-23 02:55)