SSブログ
前の3件 | -

続・3日間ではなくなったドパンヌの3日間レース@2018 [自転車♪]

+++ 欧州自転車レース、死のロードは一旦お休み。ツール開幕まで更新頑張るぞー(・∀・) +++


超マニアックな、ドパンヌの3日間レースという自転車レースのスタート風景を紹介しています。



このクラスのレースは、チームのパーキングにファンが自由に入れるのは前回ご紹介済☆




2018年は、パノラマモードも結構使えるようになっていたな(^^;




これはフランス北西部ブルターニュ地方のチームです。…あいぽん、この色が出せてよかった(^^;
この色はグラズ(glaz)と言って、ブルターニュ特有の色。
フランス語にはない色で、グラズはブルターニュ語です☆ ←いつかマスターしたい言葉(・∀・)

ブルターニュと言えば、シンボルカラーは白黒だと思っていたんですが、
このチームのお陰で、こんなステキな色がある事を知りました(*^^*)
青、緑、灰色を混ぜたグラズは、ブルターニュの海の色なんだそうです☆
…ああ、大昔レースでブルターニュ行った時、海には行けなかった(T_T)

…余談ですが、子供の頃、この色に近い色のバッグを持っていましたが、
コニカのフィルムだと、この色出なかったんですよね〜(・∀・;)
なんか全然違う、水色っぽい色になっていたと思いました。
カメラのフィルムって、目で見える色が出ないんだという事を初めて知った瞬間でした。
…その後、フジは青くてコダックは赤いって事をお勉強しました(^^)




どんどん話がマニアックになっていくので(笑)レースのスタート写真☆
ブルージュのマルクト広場、州庁舎前がスタートでした。
男子のレースは降ったり止んだりで(ベルギーあるある)スタートはほぼ止んでました。




この頃は応援していたベルギー国籍の選手。その後、当時の所属チームとの契約を勝手に破棄し、
給料の高いチームへ移籍し、結果として2チーム潰したので、オバチャンは許しません (`・∀・)
モチロン、そんなワガママを社会は許さないので、先日違約金支払いを命じられてました☆
(こういう裁判って、時間かかるんですよねー)

と、前回紹介しきれなかった分、そんなになかったんだな(・∀・;)
ツールが始まってしまうと、今よりも更新速度が落ちる気がしますが、
何とか途絶えないように頑張ります〜。って、こんなマイナーネタですけど(笑)
 

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

3日間ではなくなったドパンヌの3日間レース@2018 [自転車♪]

+++++ 絶賛欧州自転車レース開催中の為、不定期更新になっております(^^;) +++++

2018年は、私の大好きな「ドパンヌの3日間レース」が、勢力争いに敗れて
3日間ではなくなってしまった年でした(T_T)

私が20数年前にベルギーのレースを観始めた頃は、それぞれのレースにそれぞれの主催者がいて、
別々に活動していたんですけど、それが近年1つにまとめられるようになってきて、
それでも独自の運営で頑張っていたのが「ドパンヌの3日間レース」でしたが、
結局一大勢力に負けてしまい、カレンダー上で重要な位置を失い、生き残る為に選んだのは、
3日間のステージレースを止めて、1日だけのレースに生まれ変わることでした。
って、説明が長くなって申し訳ありませんが、「ドパンヌの3日間レース」が
大好きだった私はすごくショックだったんですよ(T_T)

2018年はそのドパンヌが、1日のレースになった最初の年でした。
今回は趣向を変えて、ベルギーの自転車レースのスタート風景をご紹介します。




この写真はチームのパーキング。昔はこんな大きなバスを持っているチームは少なかったから、
スタート地点のすぐ近くでも場所が見つけられたけど、近年はみんなバスを持っているので、
スタート地点からちょっと離れた場所がパーキングになります。
大きなレースじゃなければ、パーキングはファンが自由に入れます☆
あ、場所はブルージュ。ザント広場の近くだったんですけど、イマイチ場所を覚えていない(^^;




小さなチームや、米国拠点のチームなんかは、大型バスを持っていなくて、
この後ろにあるようなバンやキャンピングカーでレースにやってきます。
いや〜その格差を見るのも楽しみだったりするんですけど(^^)




ここは米国のチームで、2018年にいわゆる2部チームに昇格したばかりでした。
なのでチームカーもやたらシンプル。春先のレースだと塗装が間に合わなくてって感じ。
あ、でも最近は海外もラッピングが主流なのかな?(^^;
このチームは良い育成チームなんですが、資金難で今はまた3部チームに戻ってしまいました。
(って、どんなマニアックネタ…笑)




ベルギーだと、3部チームでもちゃんと大型バスを所有していて、結構お金持ち。
自転車競技が盛んな国だから、お金出してくれるスポンサーが多いからですね(・∀・)




ここのチームのメインスポンサーはタルトレットというお菓子メーカーで、
何と、チームバスの外でタルト販売してました(・∀・)
1箱6ユーロ、2箱で10ユーロ。よくスーパーで販売している系のタルトですが、
残念ながら私はまだスーパーで見たことがありません。
多分よく行くカルフールやデレーズでは取り扱ってないんだろうな。
めっちゃ欲しかったんですが、絶対レース観戦の邪魔になるので諦めました(T_T)
…つか、1人で食べきれないし(・∀・)




このタルトには後日譚があり、翌日のレースのスタート地点で試食品を配っていて、
ゲットできました☆ 大好物のライスタルト☆ 美味しかったです〜(^^)




レースに帯同するチームカーには、選手のスペアバイクが乗っていて、
一番手前ですぐに降ろしやすいのがチームのエースのバイクです☆
こういうのをチェックするのもレース前のお楽しみ(^^) ←メカの事は全く興味ないけど。

(続きます☆)
 
nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

雨のブルージュ@2018 [風景。]

+++++ 絶賛自転車レース開催中の為、不定期更新になっております(^^;) +++++


ジロ・デ・イタリアと重なってフランスのクリテリウム・デュ・ドーフィネが始まって、
今週末はドーフィネが終わると同時にツール・ド・スイスが始まります。
そしてそのままツール・ド・フランスに突入する死のカレンダーだったのをすっかり忘れてました。
オリンピック・イヤーの影響(汗)とりあえず、このブログはかろうじて週イチ更新で頑張ります(^^;




今日は雨のブルージュ。これは駅から歩いて最初に渡るお堀。
2018年のブルージュ散策の写真は紹介済みですが、その時はお天気の時の写真だったんですよね。
雨の日はまた風情が違うので、紹介してみようかなと思いました。
…いや、ベルギーって大体こんな感じの日が多いなと(笑)
何度も言いますが、1年の300日は雨って言われてますから(・∀・)




お昼頃ですが、人影なし。駅から中心部への近道だから、
普段は少し歩いている人がいるんですけどね〜(^^;




雨の石畳もステキです(*^^*) ←石畳フェチ。
と、言いつつ、この時は買ったばかりのコンバースの靴が不良品で水漏れして、
ヒーヒー泣いていたんですけど(T_T) 写真見るといろいろな事を思い出しますよね。




ご主人さまを戸口で待つ自転車☆ 壁に飾られているのは、イースターのやつですね。




雨のむこうに煙る尖塔は聖母教会かな。
それにしても、もうマルクト広場が近いのに、本当に人が居ないな(・∀・;)




記録でいつもあいぽんの天気をスクショしておくんですが、
この時は気温6℃、体感2℃(・∀・;)




そんなお天気の中、この日は女子のレースがマルクト広場からスタートしました。
平日だし、女子レースだし、観客はあまり居ませんでした(^^;(やはり男子の方が人気があります)




マルクト広場の鐘楼も、レース関係者しか居ない雨の日(^^;




雨の日のレース、あるある(笑)

この白いのはショファージュっていう、ベルギーやフランスではおなじみの暖房機で、
中に温水が流れていて、部屋を温めてくれます。
ホテルや、駅の待合室なんかにもよくあります。ショファージュはあるけど
エアコンはないって部屋、今でもあるんですよね。

で、コレ、結構熱くなるから、洗濯物を乾かすのにも便利(多分ダメな使い方…笑)
自転車レースはバイクで追走する関係者が多いので、つかの間ここで手袋やヘルメットを
乾かしている、という訳です(・∀・) スタート地点に到着するまでに結構濡れちゃうんだな。

本当は、この前日のレースの話を記事にしようと思って、ちまちま書きかけてたんですが、
何か長くなっちゃってなかなか公開できないから、こっちを先に紹介してしまいました☆
 
nice!(20)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -