So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ホップ農家「'T Hoppecruyt」見学@ポープリング [感動!]

2016年6月に行った、ベルギー&オランダ旅行のネタを紹介中。
ツアー2日目、まだまだ旅程は続きます(^^;




西フランダース州のコルトレイクで博物館を見学した後、
車で向かったのはフランス国境の町、ポープリングの郊外にあるプロープン村。
目的地はホップ農家「'T Hoppecruyt」でした。
ポープリング行きの電車はコルトレイクから出ていてよく利用するんですが、
終点まで乗ったことはなかったから、初訪問(^^)

途中、イープルの横を通過するN38線ルートをドライブし、一人で盛り上がってました(^^)
(この辺りは自転車レースでよく来るエリアなもので)




それにしても、コルトレイクはどんより曇っていたのに、車で小一時間走ったら
こんないい天気。いやあ、ベルギーですね(^^;




ヘット・ホップクライト。直訳するとホップの亀裂? ホッブの形のことを指すのか、
砕いたホップのことなのか?(そう言えば聞かなかった…)

ポープリングはホップ栽培が盛んに行わているエリアで、この農家では栽培と
加工の工程を見学できます。そしてリネン同様、ここを訪れた時、私のホップに対する知識と
言ったら「何かビールの原材料で苦味付けるやつ」程度だったわけです(^^;




見学に先立ち、基本的な事がわかりやすくイラストで説明された看板。
左から右に向かって1年の作業の流れを表しています。
ホップがツル性の植物で、10メートルくらいの高さにまで育つことは初めて知りました。

あと、ベルギーでは春にホップの新芽「ホップシュート」を食べるってのも初耳。
しかも、旬は3月から4月って、私がいつも自転車レースで滞在している時期。
そんなのTVで紹介されているのも見たことないし、毎日観てる料理番組でもやらないし、
もしかしたら、知る人ぞ知るポープリングの名物なのかもです。




これがホップ畑。こうして見ると比較するものがなくて大きさがわからない(^^;




見学ツアーの案内をしてくれる農家の女将さん、ベネディクトさんと比較するとこんな感じ。
まだ6月で育っている最中ですが、すでに3メートルくらいありますね。




ホップの葉っぱはこんな形です。まだ花芽は付いてませんでした。
ツルは頑丈なワイヤーに絡ませて伸ばしていきます。




これが10メートル以上の育ったら、すごい眺めなんでしょうね(^^)




見学ツアーでは左に置いてある高所作業機にも乗せてもらえるんですが、
この日はたまたま故障していて、動きませんでした(^^;




ここの農家では牛さんも飼ってました。ベゴですベゴ☆ ←母親が東北出身。




秋に収穫したホップの花を乾燥させる施設も見学しました。




こちらが乾燥室だそうです。って見てもピンと来ないですが(^^;




乾燥させたホップの花。これは昨秋収穫した分。




結構小さいですね。これを鼻に詰めるとリラックス効果があったんだったかな。
ベネディクトさんが実演(笑)してくれて盛り上がりました(^^;




ビール作りには細かく砕いたホップの花を固めてペレット状にしたものを使うんですね。




さてさて、畑と工場を見学した後は、皆さんお待ちかねの試飲ターイム(・∀・)




この農場のホップを使用しているホメルビールを試飲させてもらいました。
ホメルはフラマン語でホップのことです。




泡がキレイだからこっちの方が先に撮影したビールだな。
いや〜こういうビールは全く飲まないんですけど、写真は撮りたかったので頂きました。
あ、ちょっとは舐めましたよ。全く良さがわからないのでヌコに小判ですが(^^;;;




ラベルのオモテ側の写真を撮らなかったくせに、何で裏は撮ってたんだ?
と、しばし考えて思い出しました。ビールのアルコール度数をチェックしてたんですね。
7.5%…私には強すぎます(>_<) ←3%が限界のヒト。




試飲を楽しむ間、ベネディクトさんが地元の歌を披露してくれました♬




とってもお上手でした☆




これがその歌の歌詞。フラマン語って、フランス語が混じったオランダ語だと思うんですが、
ポープリングのフラマン語は、昔この近くにイングランドの軍隊が駐屯していた影響で、
英語混じりなんだそうです。フランス国境近くなのに意外で、すごく勉強になりました☆
(こーゆー話は大好物☆)




試飲ルームの天井に飾られていたホップのドライフラワー。




この農家のホップを使っているビールブランドの看板も飾られていました。




これが試飲させてもらったホメルビールの看板。ホップが描かれてますね。
後日、ブルージュのナイトショップで売っているのを発見したので、有名なブランドみたいです。




個人的にはこの猫のマークの醸造所が気になりました(^^)




こっちの勇者も気になります(笑)




試飲コーナーの一角にはおみやげコーナーもあって、乾燥ホップが買えます。
購入したツアー参加者は、その後スーツケースがホップ臭くなって大変だったようですが(汗)

ホップが入った珍しいチョコレートもあって、試食させてもらったら普通に美味しかったので
友達のおみやげに買いました(^^)




帰り際、試飲コーナーにフリーWiFiがあったことを知りました。早く言って〜(T_T)
(貧乏だから基本海外ではずっとフライトモード設定)




そう言えば農場の屋根にもホメルビールの大きな看板が付いていたので、
ここの農場のホップを使っているだけでなく、スポンサーなのかも。
「ここでアナタのホメルビール(のホップ)を乾燥してますよ〜」って書いてありました。




お土産で買ったホップのチョコレート。一袋6ユーロなり。




珍しいお土産で、友達も喜んでくれました☆

ベルギーがビールで有名なのは知ってましたが、ポープリングがホップ栽培で有名なのは
知らなかったので、これまた勉強になりました。これでビール好きだったらなお嬉しい
見学だったことでしょう。…スミマセン、またもや自分にはあまり響かないネタでした(笑)


['T Hoppecruyt@Poperinge]


https://www.hoppecruyt.be/en

nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

亜麻とレイエ川の博物館「TEXTURE」@コルトレイク #3 [多分滅多にないミュージアム]

2016年6月に行った、ベルギー&オランダ旅行のネタを紹介中。

西フランダース州のコルトレイクにある、亜麻とレイエ川の博物館「TEXTURE」。
最後は3階の「宝の部屋」をご紹介します。




最上階にある「宝の部屋」は、リネンで作られたレースやダマスク織りが展示されていました。




しかし、レース作品に気を取られてダマスク織りは撮影してませんでした。
どこにあったんだろう、というレベル…(^^;




ベルギーと言えば、レースが有名ですからね。
ついついそれをどうやってキレイに撮影するか、そればから気にしてました。




ベルギーのレースはボビンレースという編み方で、編むと言うよりは織る感じ?
これはまた後日紹介します。しかし手作りでこの形を作り上げていくのはすごいですよね。




しかしまあ驚きなのは、草が原料で素朴な色合いのリネン糸が、脱色するとこんなに
白くなることですかね。昔はレースって全部シルクなんだと思ってましたよ(^^;




というかアレです。レースという存在は、私の世界の太極にあるなモノでして、
一言で言ってしまえば「興味ナシ」(汗)なのでフワフワっとした知識しかなくて、
この博物館のおかげで本当に勉強になりました。




あ、所有したいという気持ちは一切ありませんが、作ってみたいという気持ちはあります。
ボビンレースは面白そうです(^^) ←小学生の頃、手芸部副部長。




当時は富と権力の象徴ですよね、これは…。




一眼レフに一番明るいレンズを付けて撮ったんだったな。
ブログに使うなら十分な感じですね(^^;




あ〜、これはガラスに写り込んじゃったから、フォトショでコントラストを
調整すればよかったなφ(..) ←レースの事より写真の撮れ具合が気になる人。

…と言う具合に、ウンチクゼロのコーナーでした(^^;




「TEXTURE」博物館を全階紹介した所で、各階をつなぐ階段のお話。




階段と壁に、何かめっちゃハトが居たんです(・∀・)




レースよりもハトの方が気になりました(笑)




このハトは、建物の歴史に関係していました。
ここは1912年にリネン糸会社が亜麻の流通センターとして建てた建物だったんですが、
出来上がった時には第一次世界大戦が始まってドイツ軍に占拠され、
戦時中は伝書鳩の管理施設として使われていたんだとか。
ここに来た子供たちは、このハトを見て第一次世界大戦の勉強もできる訳ですね(^^)




1階のおみやげコーナーにもハトが居ました☆
売ってたんだったかな。忘れちゃったけど。売ってたとしても高かったのかな。
(安かったらきっと買ってたから…笑)
ここで亜麻の花のブローチを売っていて、すごく可愛かったんですが、
間違いなく使わないから(笑)買いませんでした(^^; ←そういう物は似合わない。




帰り間際に、外にあった巨大植木鉢で本物の亜麻を見ました。
…いや、これは最初に見せてほしかったナ(^^;




花の蕾はいくつか付いてたけど、残念ながら開いているのはありませんでした。




最後にもう一度、博物館の全景。2階までが第一次世界大戦前に建てられたリネン糸会社の建物で、
3階部分は博物館の為に増築した感じですかね。
レースの部屋があったこの3階部分は「黄金の川」と呼ばれたレイエ川を表しているんだそうです。
なるほどー、お勉強してから建物の全景を見ると、また色々分かりますね(^^)

コルトレイクにはほぼ毎年滞在しているのに、本当、興味のないことにはアンテナ働かないのが
よく分かりました(笑)この博物館は別の場所にあった亜麻博物館が2014年秋に移転して、
リニューアルしたものなんだそうです。だったら2014年にコルトレイクの町のどこかで
宣伝を目にしていてもよさそうなものですよね(笑)

「TEXTURE」では色々勉強しましたが、個人的に一番嬉しかったのは、
「博物館のヒトだったらわかるかも」って質問した事に、答えてもらえた事。
それはベルギーに行くようになってから何十年も疑問に思っていたことで、
「ベルギーの町には-gemって付く所が多いけど、何か意味があるの?」でした。

今まで誰に聞いても分からなかった疑問だったんですが、この時のガイドさんが
わざわざ同僚さんを読んできてくれて、疑問に答えてくれました!
-gemは「〜さん家」って意味なのだそうです。フランス語のchezですね☆
海外で博物館、美術館に行く機会はあまりありませんが(キュレーター資格持ってるくせに)
これは本当に嬉しかったな〜。やはり、わからない事は博物館の識者に聞くのがイチバン♪
(締めが亜麻と全く関係なくてすみません…爆)


[Texture, museum over Leie en vlas @Kortrijk]



https://www.texturekortrijk.be/en/
 
nice!(22)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

亜麻とレイエ川の博物館「TEXTURE」@コルトレイク #2 [多分滅多にないミュージアム]

2016年6月に行った、ベルギー&オランダ旅行のネタを紹介中。

西フランダース州のコルトレイクにある亜麻とレイエ川の博物館「TEXTURE」。
前回は1階の「ワンダー・ルーム」で亜麻についてお勉強しました☆
今回は2階の「レイエ川の部屋」を紹介します。




2階に上がって最初に目につくのがコレ。金ピカの壁です(・∀・)




GOLDEN RIVER =黄金の川、と書かれています。

リネン産業が盛んだった頃、収穫した亜麻から繊維を取り出すためにレイエ川に漬ける作業があり、
その光景からレイエ川には「黄金の川」という愛称が付いたのだそうです。
ナルホド、1階に置いてあった干した亜麻の束を川で大量に漬けていたら、
天気の良い日なんかキラキラしていたんでしょうね(・∀・)

それで一つ、謎が解けました。「亜麻色の髪の乙女」は亜麻布の色を指しているのではなく、
川で洗っている亜麻のことなんですね。だからやっぱり、ブロンド(^^)

話は戻って、こういう関係性が分かってくると、何故亜麻の博物館にレイエ川を紹介するエリアが
あるのかもわかってきます。勉強しないとナンジャラホイですよ(^^;




レイエ川は、アントワープに河口があるシュヘルデ川の支流。
ゲントの辺りでシュヘルデ川に合流します。
リネン産業が栄えていた頃は、水路としての役割もあったのかな。

ちなみに私の中で、最初にレイエ川を認識したのは「マンデル・レイエ・シュヘルデ」という
名前の自転車レースだったのでした(^^;(どこまでも自転車レース脳…笑)
その後、ベルギーでレースを観るようになって、レイエ川はしゅっちゅう通過してましたが、
それがリネン産業の要だったなんて、この博物館を訪れるまで全く知りませんでした。




巨大千歯扱き?(・∀・)? (多分違う)




博物館には当時使われていた機械や器具が大切に保存され、展示されていましたが、
何しろツアーで回っているとゆっくり見られず(汗)とりあえず記憶に留めるために
写真を撮りまくってました。いやー、ガイドさんが付いていて下さったんですが、
ガイドさんの話を聞いていると写真は撮れないし、写真撮ってるとガイドさんは
どんどん次に進んでいってしまう…そんなツアーでした(^^;




2階の一角には、リネンが使われたダマスク織りを紹介するコーナーもありました。
オランダ語でダマスクはDAMASTって書くんです。ややこしや〜(^^;
と、しれっと書いてますが、ダマスク織りなんて知りませんでしたよ。
ベルギーがゴブラン織りで有名なのは知ってましたけどね。




ダマスト織りの機織り機も展示されていました。




リネンは強度の高い繊維だから、昔はこういう軍事用品にも使われていたんですね。




2階の窓からは、博物館の看板がこんな風に見えました。オサレな建物ですよね(^^)




この角度からだと、前回紹介したレイエ川にかかる橋がよく見えます。
川面はちょっと見えないのが残念(^^;




で、建物の前にあった草むらが亜麻なのか〜って、普通は思うじゃないですが。
実は違うんです。これは別の草(笑)亜麻は草むらの横に設置してある巨大植木鉢に
植えられてました。何か微妙に残念。でもきっと、ここでは育たないんでしょうね。




そして気になったのは、博物館の横にあった廃墟。
ベルギーって、こういう風に屋根が落ちている廃墟をたまに見かけます。

(続きます)

[Texture, museum over Leie en vlas @Kortrijk]



https://www.texturekortrijk.be/en/
 
 

nice!(13)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -